鍾乳洞を探検しよう

古里駅は東京都西多摩郡にある駅の一つとなっています。古里駅では一日の平均乗車人数は約300人となっています。

古里駅は東京都の中で一番北にある駅としても有名です。古里駅は奥多摩方面・東京方面となっています。古里駅の北口の外観は小さな木でできた屋根の付いた部屋に券売機があるだけのシンプルな駅となっています。一日の利用者数がすくないため、立ち食いソバや売店などはありません。
古里駅自体はたくさんの山に囲まれた大自然の中にある駅となっており、秋になると駅のホームからはきれいな紅葉を楽しむことができます。

古里駅周辺には自然をテーマとした観光地がたくさんあり、他県からの訪問者がたくさんいます。中でも、一番人気な観光地が、古里駅からもアクセスがしやすい「大岳鍾乳洞」です。奥多摩に遊びに行くなら絶対によっておきたい観光名所となっており、たくさんお旅雑誌などにも紹介されている有名な場所です。鍾乳洞の中では最大にでかいとされている大岳鍾乳洞は全長が約300メートルとなっており、探検をしているような感覚を味わうことができます。大岳鍾乳洞は東京都の天然記念物にもなっています。

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

カヌー遊びもできるキャンプ場

川井駅は昭和19年に開業された昔からある駅となっています。川井駅は地上駅の作りになっており、一日の平均乗車人数は約200人となっています。利用者数が少ないため、川井駅は無人駅となっています。しかし、夏になると川井駅の利用者数が増えるため特別の改札が設置されるようです。

なぜ、夏になると利用者数が増えるかというと、川井駅周辺には大自然の観光地がたくさんあり、キャンプを楽しむために川井駅を利用する観光客がたくさんいるからです。川井駅はホームと電車の間が結構あいているので子供が下に転落してしまうなどの事故が起こったことがあるので、是非とも注意して電車の乗車をしていただきたいです。

川井駅周辺にある「川井キャンプ場」はたくさんの家族連れが利用するキャンプ場です。川井キャンプ場にはコテージもあるので、手ぶらで宿泊をすることが可能です。また、コテージ内には温水シャワーも完備されているので暑い夏に思いっきり遊んでもしっかりと汗を流してから寝ることができます。
ほかにも貸し出しは色々行っているので、是非とも川井キャンプ場を利用してみてはいかがでしょうか。

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

大きな渓谷

鳩ノ巣駅は青梅線が走っている駅で、昭和19年に開業された昔からある駅となっています。一日の平均乗車人数は約200人となっており、特に観光客の利用が目立ちます。鳩ノ巣駅周辺はたくさんの緑に囲まれた大自然の中にある駅となっており、秋になるときれいな紅葉を楽しむことができます。

鳩ノ巣駅のホームからも見ることができ、カメラをもってきれいな紅葉を撮る観光客の姿をよく目にします。鳩ノ巣駅の名前の通り、観光客に人気な渓谷があります。「鳩の巣渓谷」といい、きれいな紅葉と桜を見ることができます。

周辺にはキャンプ場も完備されているので、家族みんなで楽しむことができます。鳩の巣渓谷では駐車場も完備されているので、車を持っている人は直接行くことができます。車がない人や電車での移動を好む人にとっては、鳩ノ巣駅のすぐそばに位置しているので、道に迷うことなく鳩の巣渓谷に観光しに行くことができます。是非とも大自然の中の鳩ノ巣駅周辺の観光地に行ってみてはいかがでしょうか。

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

桜や紅葉を見ながら渓流遊び

白丸駅は東京都西多摩郡にある駅の一つとなっています。白丸駅では一日約80人利用しています。白丸駅は無人駅として営業をしており、白丸駅の外観自体も自動券売機とホームがあるだけの駅となっています。雨に濡れないための小さな屋根が設置されているのが救いです。

白丸駅周辺はたくさんの山に囲まれており、白丸駅のホームから秋の紅葉を楽しむことができます。
白丸駅周辺には自然を目的とした観光地が多くあります。

その中でも、「鳩の巣渓谷」は特に人気のある観光地となっています。鳩の巣渓谷の岩たちは自然が作った形となっており、川も流れているため、水遊びも楽しむことができます。
特に小さな子供がいる家族連れにとっては家族で楽しめる観光地となっています。周辺にはキャンプ場も完備されているので、宿泊施設に困らないのも一つの魅力です。白丸駅を利用の際にはぜひとも自然を堪能できる鳩の巣渓谷に家族で行ってみてはいかがでしょうか。紅葉の時期や桜の季節に行くことをおすすめします。

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ