夜のお花見も素敵

明覚駅はJR東日本の八高駅が走っている駅です。明覚駅の一日の平均乗車人数は年々減ってきており、2000年では700人の一日平均乗車がありましたが、2011年では約350人までに減少してしまいました。明覚駅周辺には大きなお店等はなく、たくさんの山々に囲まれた駅になっており、以前にあったお店等が閉店してしまった影響もあり、利用者数も比例して減ってしまったと考えられます。

しかし、利用人数が少ない中でも明覚駅は関東の駅百選に選ばれた駅です。明覚駅の改札口付近はウッドデッキの作りになっており、駅自体に温かさを感じます。明覚駅のホームからはたくさんの山々や住宅街がたくさん見渡すことができます。

明覚駅周辺には桜の名所として有名な場所があります。「熊谷桜堤」といい、夜になるときれいに桜をライトアップしてくれます。夜桜を楽しむことができるので、観光客にも人気の桜の名所となっています。約500本にもなるソメイヨシノが植えられており、シーズンになるときれいな桜並木になります。明覚駅を利用の際には是非とも熊谷桜堤に足を運んでみてはいかがでしょうか。

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

大人気な七福神めぐり

越生駅は埼玉県にある駅のひとつとなっています。越生駅では、八高線と東武越生線が走っています。地上駅の作りとなっている越生駅は赤茶っぽい瓦の屋根が目印となっています。越生駅では特に東武鉄道の利用が多くなっています。

越生駅を出て、すぐのところにハイキングコースとしても有名な「武蔵越生七福神巡り」をすることができます。約12キロをゆったりと歩くことができるので、健康にもかなり良いとされています。目的地のそれぞれの神社やお寺には七福神の神様がそれぞれまつわれており、たくさんの観光客が訪れます。
越生駅からのバスでも行くことができるので、人気の観光地とされています。

越生駅からすぐそばにある「法恩寺」は、七福神の一人の恵比寿さんが祀られているお寺です。恵比寿さんといえば、商売繁盛のご利益があるとされており、「法恩寺」には個人経営などのお店を持つ人の訪問が多いとされています。是非とも商売繁盛に越生駅すぐの「法恩寺」に参拝しにいってみてはいかがでしょうか。

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

あじさい・もみじが見ごろな観光名所

吾野駅は埼玉県秩父市にある駅の一つとなっています。吾野駅では一日約900人もの人が利用しています。吾野駅は池袋線の最終地点の駅となっています。吾野駅の外観はドーム型の屋根がかわいい駅となっています。壁が一部分木でできており、きれいな印象を与えてくれます。
吾野駅自体は山々に囲まれており、大自然の中にある駅とされています。吾野駅のホームからもたくさんの山を見渡すことができ、心がリフレッシュします。

吾野駅周辺には他県からの観光客も多いとされている観光地があります。「秩父御嶽神社 東郷公園」という名前の観光地で、秋には紅葉がきれいな場所ともされています。入場料は無料となっており、だれでも入ることができる公園となっています。

しかし、紅葉のお祭りの「もみじ祭り」の日だけは駐車場が有料となります。もみじの他にも、アジサイがきれいな吾野駅周辺にもたくさんの観光客が訪れます。名前は「埼玉県奥武蔵あじさい館」といい、日帰りで温泉も楽しめる施設となっています。

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

市が経営している温泉

東飯能駅は西武鉄道と東日本旅客鉄道が走っている駅です。東飯能駅の外観はかなりきれいな作りになっています。大きな公民館や体育館などを連想させるような作りになっており、西口から改札口まで続く階段があります。ロータリー部分もきれいに整備されており、木や花が植えられています。
東飯能駅を走っている西武鉄道と東日本旅客鉄道の利用は同じような利用者数で、それぞれ一日平均約5000人の利用があります。

東飯能駅周辺には公共施設のほかに、裁判所や病院がたくさんあります。東飯能駅西口には路線バスが走っており、温泉街に向かうことができ、たくさんの観光客が利用しています。

「さわらびの湯」という市が経営している日帰り温泉施設があり、紅葉シーズンにはたくさんの観光客が訪れます。
さわらびの湯では食堂の施設がなく、ごはんや飲み物は持ち込みが可能となっています。タオルなどの販売がされており、手ぶらでも温泉を楽しむことができます。東飯能駅を利用の際には疲れた体を少しリフレッシュするために、さわらびの湯に行ってみてはいかがでしょうか。

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ