市が経営している温泉

東飯能駅は西武鉄道と東日本旅客鉄道が走っている駅です。東飯能駅の外観はかなりきれいな作りになっています。大きな公民館や体育館などを連想させるような作りになっており、西口から改札口まで続く階段があります。ロータリー部分もきれいに整備されており、木や花が植えられています。
東飯能駅を走っている西武鉄道と東日本旅客鉄道の利用は同じような利用者数で、それぞれ一日平均約5000人の利用があります。

東飯能駅周辺には公共施設のほかに、裁判所や病院がたくさんあります。東飯能駅西口には路線バスが走っており、温泉街に向かうことができ、たくさんの観光客が利用しています。

「さわらびの湯」という市が経営している日帰り温泉施設があり、紅葉シーズンにはたくさんの観光客が訪れます。
さわらびの湯では食堂の施設がなく、ごはんや飲み物は持ち込みが可能となっています。タオルなどの販売がされており、手ぶらでも温泉を楽しむことができます。東飯能駅を利用の際には疲れた体を少しリフレッシュするために、さわらびの湯に行ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月2日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ